パロサント

価格: ¥4,500 (税込)
数量:

twitter

パロサント
【商品番号】palo1
■パロサント■

入手困難な幻の香木がついに入荷!

パロサントって、聞いたことある?
ワシントン条約の規制対象になっていて非常に貴重な木材で、過剰な伐採を防ぐために、原産地のペルーの政府の管理下にある中米に自生する香木なの。樹脂をたっぷり含んでいるから、わずかな木片だけでも濃厚で甘い香りがするよ^^
お香として焚くと、さらに独特の香りに♪

木・火・土・金・水の五行でいう『木』なので、木のエネルギーが、必要な時には、もってこい!と重宝するよ♪♪♪

そして、感じてみると、香りがするって言うだけの木じゃないのは、明らか。お部屋に置いておくと、かわいくて、愛しく、住んでいる人のために手を貸してくれる何かの気配も感じるから、ぜひ、お部屋に置いてみてね^^

おもしろいのは、パロサントの木片そのまんまの香りと、焚いた後とは香りが違うのよね。木片の状態ではやさしくて、あったかくなるような甘い香りなのだけれど、火を付けて消し、煙を立たせると、鼻にスッキリ通るような爽やかな香りがさきに来て、そのあと、深みのある果物のような香りになるの。

ラテンアメリカの先住民たちは、「神の木=パロサント、Palo Santo (Holy Wood)」と呼んでる。
土着のシャーマンたちは伝統医療や清めの儀式に使ってたのだけれど、その歴史は分かっているだけでもインカ帝国の時代の頃にまでさかのぼるの!

今の時代でも教会で焚く薫香・民間治療で熱・感染症・皮膚疾患に対処する重要なハーブ・不幸や災難を取り除く儀式用アイテム、他にも 精神安定、発汗作用、リウマチ、頭痛などに効果があって、いろんな場面で活躍してるよ♪ アンデス地方を中心に広く使われていて、アヤワスカという名のハーブを大量に使う毒出しの儀式で、これを行う際はまずパロサントを焚いて場を清めるの。

“場を清め、悪い精霊を追い払い、良い精霊を招き入れる”と言われてるよ。





【サイズ】
一本約10㎝前後で4~5本。
現地でカットされたものを、輸入してひとつひとつ梱包しています。
そのため、本数や重さに若干ばらつきがあります。


【パロサントの使い方】

【1】なんてったって、パワーストーンの浄化に!
置いておくだけでも香りで浄化もできるけれど、  香りが弱くなってきたら、表面を削ってね。私は、それを燃やして、強力浄化に活用してるよ♪
スティック状のまま燃やしても 大丈夫なんだけれど、細かい方が、燃えやすくなるしね。少し燃えたら手であおいで消し、その時に出てきた煙に石やパワーストーンアクセサリーをくゆらせて。
油分が多いから、一度火がつくと燃えやすいの。気をつけてね(>-<)。

【2】空間の浄化するだけじゃなく、精霊を呼ぶ!♪ 浄化したいお部屋の窓やドアを閉めてから、パロサントを焚くよ。外に出て行かないように、空間内に煙を行きわたらせるの。お皿に乗せて、部屋の四隅にまで持ち運んでもいいね^^
煙が十分行きわたってから、窓やドアを開け、煙を逃がし、ネガティブなエネルギーをおうちの外に出しちゃいましょう。
パロサントの精神安定効果を生かして、お風呂に入れると、よりリラックス効果も発揮されるよ^^
アロマセラピー効果も高いし、眠るときに枕元に置くと精霊たちが集まって深い眠りを守ってくれるの♪

【3】芳香剤・虫除けにも♪
小片でもかなり強い香りを放つから、長く滞在するお部屋や運気が入ってくる玄関に置いたり、吊すなどして飾ってみてね^^
原産地では虫除けとしても重宝されているパロサント。
クローゼットに入れておくのもいいね♪ただ、パロサントは天然オイルを豊富に含んでて、染みが出来る可能性があるため、衣類に直接触れないように蓋をしない容器に入れて置くのがいいかも^^

【4】番外編♪
大事な人へのお手紙にパロサントのチップを入れておくと 言葉に虹が入って、輝きだし、伝えたい想いに精霊のエネルギーが協力してくれるよ♪

ページトップへ